/>

小学校の先生を120%楽しむ毎日

小学校教員の日々の振り返り。教員志望の学生さん、同業の方、保護者の方、教育に興味のあるすべての方へ。

記憶のデジタル化

ユネスコ、世界ユダヤ人会議と連携してホロコースト教育サイト提供「人種差別と記憶の忘却に対応」(佐藤仁) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

ユネスコのオードレ・アズレ局長は「世界中の若い人たちに、ホロコースト否定や誤った歴史観に対する教育用ツールを提供できるようになった。我々は、記憶のデジタル化によって、現在の人種差別問題や人々の記憶の忘却にも対応していかなければならない」

 

今回のこれは好例だが

歴史をどう語るかは、その人間次第なんだよな。

 

ブログを書いていたり、見ていても思うけど。

自分の実践や、自分のクラス、学校をどう語るかは、その先生次第なんだよなあ。

 

本当に定性的な分析ができているのか、かなりあやしい。というか、私の場合していない。

完全に主観だ。

まして定量的な分析なんて、学力状況調査や、体力テストくらいでしかしていない。

 

指導の効果と自分のクラスの子たちの質的な変化は、一度しっかりと分析してみたい。