/>

小学校の先生を120%楽しむ毎日

小学校教員の日々の振り返り。教員志望の学生さん、同業の方、保護者の方、教育に興味のあるすべての方へ。

悪い習慣を断ち切れない人はマインドフルネスあるのみ

ジャドソン・ブルワー: 悪い習慣を断ち切るシンプルな方法 | TED Talk Subtitles and Transcript | TED

 

以下、動画より

 

前頭前野は脳の進化の過程では 最後に生まれた部分です。そんな前頭前野は 一生懸命 人が行動を変えられるよう つまり喫煙をやめたり 2つ目 3つ目 4つ目のクッキーには 手を出さないように助けようとします。「認知的制御」というものです。人間は 行動を制御するために 認知を使うんです。 しかし 残念なことに この

前頭前野は 強いストレスを受けると働かなくなってしまう

ので それほど役に立ちません
 

これは皆さんも日常で 経験していることでしょう。 配偶者や子どもに つい怒鳴ってしまうこと ありますよね 。ストレスや疲れがたまっているとそんなことしても意味がないと 分かっていても自分が抑えられなくなります。
 
前頭前野が働かなくなると 昔ながらの習慣に逆戻りしてしまいます。

自分自身の行為への幻滅が重要

な理由は ここにあります。

習慣に従った結果を見つめることで 骨身に染みるほど深いレベルで 悪習の実態を自覚できます。

こうすると

行動を無理に抑えたり 我慢したりすることもなくなります。

そもそも その行為自体への興味が 薄まる

からです。
 

これがマインドフルネスの神髄です。

悪習にとらわれた結果を 客観的に見据え 心底 嫌気がさすことで 昔の悪い習慣から自然に 離れることができるんです
 
魔法のように 一瞬にして 禁煙できるわけではないですが、 時間をかけて 少しずつ 自分の行動の結果への 自覚が深まるにつれ、 自然に昔の習慣が離れていき 新しい習慣が形成されます。
 
ただし 矛盾があるんです マインドフルネスで大事なのは 関心を向けることです。

移り行く一瞬一瞬の中で 自分の体と心に起こることのすべてを敏感に感じ取ろうとすることです。良からぬ欲望を遠ざけようと焦るよりも 自分自身の体験に意識を 向けようとする意欲— つまりこの 体験に意識を向ける意欲の 土台となっている好奇心には 満足感をもたらす性質があります。

 

行動を変える方法として 安易すぎるように聞こえるかもしれませんが、ある研究で

マインドフルネスのトレーニングは、標準的な治療法に比べ、 禁煙に 2倍の効果がある

と分かりました 実際に効き目があるわけです。

 

 

ですって。

とりあえず、毎日瞑想を10分間、寝る前にやっていこう。あとは、自分の悪習が出るときに、自分の五感や感情などの内面を注意深く観察していこう。