小学校の先生を120%楽しむ毎日

小学校教員の日々の振り返り。教員志望の学生さん、同業の方、保護者の方、教育に興味のあるすべての方へ。

笑うから楽しい

6年の国語の説明文。

 

「意見文」「学級討論会をしよう」と単元を入れ替えていたため、今頃この単元。

(入れ替えなきゃ良かった)

 

 

【授業の流れ】

①単元のねらい確認

②文章まる読み

③筆者の考えどこ?

「心と体は関係している」

「いやなことがあった時、鏡の前で笑ってみたら?」

④意見が割れたので、ディスカッション

⑤今日の学びをまとめる

筆者の考えは、「はじめ」「おわり」

「なか」は、具体例と事実で、自分の考えに説得力をもたせている。

⑥はじめ、なか、おわりの構成を意識して、自分の考えを言ってみよう。

 

完全に教師主導の授業。

でもなかなか楽しかった。

 

意見文の構成と同じなので、文章の構成に関してはさらっと確認して、アウトプットした。

そこで、「なか」の部分に自分の考えが混ざっていることを発見することができた。

 

 

…が、色々盛り込み過ぎたか。