/>

小学校の先生を120%楽しむ毎日

小学校教員の日々の振り返り。教員志望の学生さん、同業の方、保護者の方、教育に興味のあるすべての方へ。

有言実行

PTAの会報誌に先生紹介が載る。

 

紹介欄には、大抵「好きな言葉」がある。

 

私の好きな言葉は

 

有言実行

 

有言実行できる人になりたい。

自分の思いをよく見つめ、一時の感情に流されず、熟考した後、自分の言葉を口にする。

一度決めたことを揺るぎない意志でやり抜く。

そうして、周りから信頼される。

そんなサイクルを作っていきたい。

 

去年からずっと、周りの人にあれこれと、自分の理想を語ったり、こういうことがしたいんだと主張してきた。

 

そのおかげで、やりたいことはかなり達成出来ている気がする。望んでいた状況に身を置いている感覚がある。

 

小さなことでもいいから、有言実行を貫くこと。

そうすることで、自分に自信がつき、行動量が増える。

その大切さを感じています。

 

そのために、

 

まずは、大きな夢について、「〜をする」と信頼できる人に宣言する。

そして、定期的に最初の決心を思い出す仕組みを整える。(私の場合、blogやTwitter

今度は、小さな目標を立てて、少しずつ達成していく。

 

結局のところ、有言実行できるようになるには、

いつまでに、何のために、何をする、と宣言して、その通りに淡々とこなしていくしかない。

ポイントは何のために?とその目的を問いかけることだ。

例えば、いつまでに〇〇の本を読む。という目標を立てた時、本を読む目的が特になく、「買ったけど読んでないから」という理由で読み始めるのならやめた方がいい。時間を無駄にするだけだ。

 

有言実行していくために、行動の目的を明確に。

そして、その目的を達成することが心底ワクワクできることかどうかを見定めたい。

 

これがなかなか難しい。