小学校の先生を120%楽しむ毎日

小学校教員の日々の振り返り。教員志望の学生さん、同業の方、保護者の方、教育に興味のあるすべての方へ。

忙しくなって負のスパイラルにハマる前に歩きましょう

タスクが溜まってくると、不安感が増し、苛立つ。

苛立ったままタスクに取り掛かるので、ミスをする。

さらに自信を無くし、不安に陥る。

何か抜けはないか?周りの人は自分をどう思っているのか?

周囲の評価を気にしだす。

 

そうして、色んな人の思惑を考えたりしてしまう。

職場を離れても、悶々とした気持ちを抱えるため、気が休まらない。

 

そうして、本来やるべき仕事=授業に集中出来ず、パフォーマンスが下がり、子どもからの信頼を失う。

 

そうして自信を失い、さらなる不安を抱える。

周囲の評価をさらに気にしだす…以下ループ

 

 

こんな負のループに陥らないように、

こちらの記事をご覧ください。

 

「悶々時間」を減らせば仕事はうまくいく | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

 

 

もし、「自分は今、考えてもムダなことを考えているな」と気がついたら、すぐにその場を離れて違うことをするといい。たとえば外の空気を吸う、散歩に行く、運動する。特に運動をすると憂鬱な気分が改善されることは医学的にも証明されている。それでもダメなら、悩んでいることを紙に書いて整理してみるといい。小さな努力を続けていくうちに、「切り替えスイッチ」のようなものができてきて、一瞬で悩みの堂々巡りから抜け出せるようになるはずだ。

 

と、いうことで、

運動大事です!

 

私の場合は、競歩に近いお散歩。

 

もやもやした時、家の近所を歩くのはものすごいストレス解消になります。

 

皆さんもぜひ!