/>

小学校の先生を120%楽しむ毎日

小学校教員の日々の振り返り。教員志望の学生さん、同業の方、保護者の方、教育に興味のあるすべての方へ。

行動を起こすことに価値がある

またまた、イケダハヤトさんのブログに触発されてしまった。

 

行動することでしか、常識はアップデートされない。 : まだ仮想通貨持ってないの?

 

詳細は見ていただくとして…

 

とにかく、ちきりんさんのツイート。

破壊力大!

 

「この人、おもしろくないよね」と思える人の多くは、「考えてない」のではなく「行動してきてない」 一方、「おもろい人やな」と思える人はみんな「行動」してきてる。

 

うん、ホントこれ。

考えてばかりで、日々をルーティンでこなしている人っていますよね。

まあ、私のことなんですけど。

 

「思考力でちきりんにかなわない」と思う人の大半は、なによりまず「行動の量」であたしにまったくかなってない。まちがえないように。「行動の質」でさえなく「行動の量」が足りてない。

 

行動量が増えれば、確かに思考する機会は増えますよね。

とはいえ、あまりにも無目的、かつ唐突な行動では何も得るものがない気もしますが…

 

ブログをはじめすべての文章、さらにはすべての表現活動を生業とする人にとって、「行動の量」は圧倒的に重要。特に、若いときの行動は「倍カウント」できる。繰り返すけど、思考で行動を超えるのは、私も含め大半の人には不可能。

 

うーむ…

思考しているだけでは何の価値もない。

アイディアに価値はなく、アイディアを実現することに価値がある

ということなのでしょうか…

いろんな捉え方ができるとは思いますが、まあ、いずれにしても、経験値が多い人ほど魅力的だとは思います。

 

先生も表現活動を生業としていると言って良いのではないでしょうか?だとしたら尚更、行動の量は教師の強みになりますね。

 

受け身ではなく、ガンガン主体的に行動し、人生において、常に能動的でありたい

 

と改めて思いました。