/>

小学校の先生を120%楽しむ毎日

小学校教員の日々の振り返り。教員志望の学生さん、同業の方、保護者の方、教育に興味のあるすべての方へ。

キャラを出す

どんなコミュニティにおいても自分のキャラを出して、周りに受け入れてもらえれば、楽しくやっていける。

 

キャラが立つ。

これは、コミュニティにおいて、とても重要なことだ。

なぜなら、キャラが立つとは、その人の存在が代替不可能だと、コミュニティが実感として理解することだと思うからだ。

 

キャラを立たせるために、破天荒なことをする必要はない。

ただ、行動指針を誰にどう思われるかを考えるのではなくて、自分が他者のために何をしてあげたいかを考えていくだけだ。

 

そうすれば、おのずとキャラが立ってくる。

 

 私の場合、職場のみなさんに次のようなアプローチをした。

 

1.体力テストの集計システムの導入。

2.校内のイントラネットのホームページ作成。

 

そして、この2番によって校内に与える影響はなかなか大きい。

情報発信の場を自分が提供しているのだから当然だ。

 

私は、毎日コラムを書いている。

 

最近反響もあり、成績期間で土日出勤する先生も多いことを見越して、次のようなコラムを書いてみた。

 f:id:kengobonbei:20170911231955j:image

 

悪ふざけだと怒られるかと思いきや、次のような反応が帰って来た。

 f:id:kengobonbei:20170911130525j:image

私のキャラが立った瞬間である。

 

というか、忙しいのにこんな付箋を残してくれる。

本当にいい職場だ。もっとよりよい職場に。

みんなのキャラが立った、みんなが生き生きした職場にしていきたい。