/>

小学校の先生を120%楽しむ毎日

小学校教員の日々の振り返り。教員志望の学生さん、同業の方、保護者の方、教育に興味のあるすべての方へ。

自制できない子どもの言い分

被害者意識。

「自分はこんなに〇〇がしたいのに、どうして我慢しなきゃいけないの?自分ってかわいそう…」

 

こんな気持ちでいっぱいなのではないでしょうか?

 

例えば、子ども同士のケンカで、1人がもう1人の頭を叩いた時、どうして叩いたの?と聞いたら、やった子は涙を浮かべ、自分が叩いた相手からどれだけ嫌な思いをさせられたのか、熱く語ってくれた、なんていう経験はございませんか?

 

大人も同じ。

犯罪者の言い分など、反吐がでるほど自分本位で、自分が被害者の家族として聞いていたら、激昂しているであろうと思う。

 

付属池田小事件の宅間守などは、その最たるものだろう。

宅間守の生い立ち【附属池田小事件】 - NAVER まとめ

 

法廷で遺族がいる前で、以下の発言をしているようだ。

 

世の中は公平やない!。わしは世の中の不条理をあのくそガキにわからせてやったんや。ワシみたいにアホで将来 に何の展望もない人間に、家が安定した裕福な子供でもわずか5分、10分で殺 される不条理さを世の中に分からせたかったんや、世の中勉強だけちゃうぞ!、とあのくそガキに一撃を与えたんや、死ぬ前に世の中の厳しさが分かってよかったな、感謝せいよ。ワシはいままで散々不愉快な思いをさせられて生きてきた、でも、今日は、ほんま ワシは気分がええわ。

 

なんだか、ありえないほど遺族の神経を逆なでにしていて、作り話のように思えてしまう。というか作り話であってほしい。

ひどすぎる。

 

あまりに歪んだ優越性の追求。

 

自制心はどこで、どのように育つのだろう。

 

宅間守の生い立ちは、恵まれたものではなかったようだ。

それでも同じような境遇でも懸命に生きている人はきっとたくさんいるはず。

攻撃に転じやすい気質の持ち主と片付けても納得ができない。

 

クラスの子どもが誰かを傷つけたとき、十分言い分を聞いた後、

「次も同じように傷つけたいの?」

と聞くと、

「いや、そうじゃなくて・・・◯◯をやめてほしいだけで・・・」

というふうに答える。

 

 

本来、人は誰かを傷つけたら、それだけすり減る。人を傷つけたことをなかなか自己受容できずに、苦しむはずだ。要するに、人を傷つけることは、人の喜びに結びつかない。

しかし、もしかしたら宅間守にとっては、人を傷つけることで、自分の存在意義を確認し、安全・安心を獲得していたのかもしれない。

いずれにしても、宅間守は、自己受容もできず、他者を信頼できず、他者貢献など考えもしてこなかったのではないだろうか。

 

人は、自分がしたことで、だれかに喜んでもらうことにより、幸せを感じる生き物だと信じたい。