小学校の先生を120%楽しむ毎日

小学校教員の日々の振り返り。教員志望の学生さん、同業の方、保護者の方、教育に興味のあるすべての方へ。

高畑勲さん

6年生の国語の単元「鳥獣戯画を読む」 著者 高畑勲さん お亡くなりになりました。 アニメ作家 高畑勲さん死去 「火垂るの墓」などの作品 | NHKニュース 高畑勲さんの作品といえば 「火垂るの墓」 「おもひでぽろぽろ」 「平成たぬき合戦ぽんぽこ」 「ホーホ…

学年目標を本気で話し合った学年は、学習する組織になる

学年目標が決まった 一等星 〜希望を持って挑戦し、新たな価値を創造していく。そうして自分の未来に希望を持って、さらに輝いていく〜 そんなサイクルを学年の先生たちで回していきたい。 この学年目標の話し合いに1時間はかけたかもしれない。 私は経験年…

あれもこれも

運動会のこと 防災のこと 視聴覚のこと 学年のこと クラスのこと やりたいことがたくさんある。 しかし、一日の時間は限られている。 todoリストを作って満足せずに、 それをいつやるのか、スケジュールに落とし込み、 着実に実行していかねば。消化されない…

なぜあなたがリーダーなのか

なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にする 作者: ロブ・ゴーフィー,ガレス・ジョーンズ 出版社/メーカー: 英治出版 発売日: 2017/01/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る この本素敵です。 様々なリーダー像を…

今年度のクラス

学年は未だに謎。 ただ、どの学年になったとしても、これまで自分が子どもたちと作ったクラスに決定的に何が足りないのか、考えた。 一人一人が自分らしさを出す ということ。 全体の場で自己表現できているかな?と思える子はクラス全体の20〜30%というとこ…

淳ちゃん

キャリア教育推進のため、 kengobonbei.hatenablog.com 「ぜひ子どもたちに会ってほしい」 と何人かの方にmessengerで、送った時に 真っ先に返信があったのが、淳ちゃんでした。 今日は、そんな淳ちゃんと横浜の上品なカフェでミーティング。 tabelog.com こ…

人と繋がるということ

今年の離任式は、とても辛かった。 大変お世話になった学年の先生が異動したこと。 kengobonbei.hatenablog.com そして、同じ高学年ブロックとして、職員室で席を並べ、 そして、体育主任をTさんから引き継ぎました。 いつも他愛ない話をしたり、モヤモヤ考…

先生向けの夏合宿

横浜市の教員の石橋智晴さんと企画しています。 8月18日、19日でこちらの施設に一泊。 ようこそ いのちの森「水輪」へ 〜心と体といのちのリトリートセンター〜 自分の在り方を見つめ、自分の強みや、教師として大事にしたいことを自覚して、具体的にどんな…

とりあえず、来年度やりたいことをガンガン書いていきますよー!

◯クラスで キャリア教育 総合的な学習の時間で、クラウドファンディング活用 自主学習の推進 子どもが進める授業 プロジェクト活動の推進(係からの移行) クラス掲示板(模造紙に紙をガンガン貼っていく)活用 なりたい自分になるシート活用 学級通信 一人…

今年度の振り返り

kengobonbei.hatenablog.com 昨年度、こんなの書いてました。 プラス、こんな感じで考えていた。 kengobonbei.hatenablog.com なんか、今読んでも、「うん、そうだよね」と言う感じ。 結局、学級を成長させていくシナリオは、そうそう変わらないのだろうか。…

意識高い系の動きは職場にどんな価値を生み出しているのか

私は、2016年の夏休みに堀江貴文さんの本をたまたま読んでからというもの、いわゆる「意識高い系」の動きをしていると思う その本はこちら。 99%の会社はいらない (ベスト新書) 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 2016/07/09 メディア…

クラウドファンディング会社CAMPFIRE 菅本香菜さんとお会いしました

例によって、菅本香菜さんも U-29にご出演されております。 色々とお聞きしたいことがあったのに、またしても自分が話し過ぎてしまいました。 昨日お会いした塩谷歩波さんと平松佑介さんもそうだったんですが kengobonbei.hatenablog.com めちゃくちゃお話を…

U-29にご出演された塩谷歩波さんと平松佑介さん

お会いしてきました! www.nhk.or.jp 一流建築士を目指して有名設計事務所で働くも、過労でダウン。たまたま訪れた銭湯が体調と心を癒してくれた。そして何気なく描いた銭湯のイラストをSNSに載せると、知らない人からも「いいね!」が届き、すぐに拡散。そ…

キャリア教育

来年度、キャリア教育に力を入れていきたいと思っています。 以下、下記の資料より。 キャリア教育の定義 一人一人の社会的・職業的自立に向け,必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して, キャリア発達を促す教育 (中央教育審議会「今後の学校にお…

反応しない練習

本日、こんなものを久しぶりに読み返しました。 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」 作者: 草薙龍瞬 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版 発売日: 2015/07/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (4件) を見る …

人生とは出会いと縁と別れ

より充実した人生を送りたい。 よりバランスのとれた人生を送りたい。 人生というプロセスをより深く味わいたい。 人そのものを大事にするコーアクティブ・コーチングは、上記の三つを人の根源的な願いと捉え、指針としている。 そのためにすべきことは、出…

明日が最後。かけがえのない日々を振り返ろう。

月曜日の朝。 教室のドアを開ける。 ガラガラ。 「おはようございます!」 最近、特に大人っぽくなったYがひときわ大きな声で挨拶してくれる。 そこに重なって、あいさつが聞こえる。 ホッとする。なんだか元気が湧いてくる。 でも、少し照れくさいので、「…

夢をかなえるゾウ

今更ながら素敵。 夢をかなえるゾウ文庫版 作者: 水野敬也 出版社/メーカー: 飛鳥新社 発売日: 2011/05/20 メディア: 文庫 購入: 15人 クリック: 44回 この商品を含むブログ (40件) を見る 今更だけど、「夢をかなえるゾウ」面白い!ストーリーがある自己啓…

Learn my way #6

本日は、6回目のLearn my way 私とハピペンさんが曲を持ち寄りあれこれ自分のあり方を考えてみました。 前回同様、持ち寄った曲をもとにあり方を考えていくという手法をとってみました。 Learn my way#5 - 小学校の先生を120%楽しむ毎日 今回私は以下の曲…

授業が上手くなりたい!!・・・ていうか、まず話聞いて欲しい・・・。

そんな人には、こちらの本! プレゼン力が授業を変える! 作者: 大島 武 出版社/メーカー: メヂカルフレンド社 発売日: 2010/06/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 職場の大先輩の先生に、勧めていただきました。 ありがたいです。 ただ、本を…

子どもと教師のインセンティブ

卒業式の日に6年生から手紙をもらい やはり、教師(私)のインセンティブは子どもからの感謝。 でも、子どもにとってのインセンティブってなんなんだろう? そんなことを考えてしまった話。 「お金2.0」を読んで、影響されまくりです。 タイトルに「インセ…

卒業式

卒業式は、教師が子どもとの別れを惜しんでやっているんだよなあ ・・・と思った話。 文部科学省のHPには、以下のように書いてありますね。 (1) 儀式的行事 学校生活に有意義な変化や折り目を付け,厳粛で清新な気分を味わい,新しい生活の展開への動機付…

子どもに話したことをブログに書くと自分の意識に定着する

自分の意識を変え、行動を変えたいと思ったら 自己啓発本を読んで終わったらもったいない。 子どもに伝え→求め→ブログに書く このプロセスでいけるかも ・・・と感じたお話。 先生方。 子どもたちに、自分ができもしないことを 「やらなきゃダメだ!」 と語…

強烈に「今」を意識した時間

なんかタイトルカッコよさげですが・・・ 子どもたちに伝えたいことを自分なりに練り上げて 8分ほどスピーチしたら、子どもから反響があって嬉しかった・・・という話。 本日は6年生の算数の教科担当としての最後の授業・・・というか、挨拶の時間。 (私自…

その指導ちょっと待った

前回からだいぶ空いてしまいましたが・・・ kengobonbei.hatenablog.com 前回の記事は要するに 児童指導は、 1.自分の感情が絡んで、子どものためを思って指導しづらい 2.事前指導までしかそもそも考えたくない。 3.ただ怒っただけで、子どもの行動が…

児童指導の目的は子どもが毎日学校を楽しめるようにすること

子どもと関わることについて、教員にルーティン業務となり得ることはないはずですよね。 相手は日々成長し、変わっていく子どもです。 …にも関わらず、子どもと関わる中でルーティン化してしまうところがあります。 私にとってそれが、 児童指導 主に社会性…

懇談会の準備はこれを参考に!

http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/829851/katei22.pdf こんなものがあるなんて知らなかった!いいじゃん! 本当に教育関係の資料って本買わなくても結構かき集められるんですよね。 こういうものを探して 1年目に見ていれば、全然違うものになっていた…

Learn my wayが日本教育新聞に掲載されました

大分今更ですが、掲載されました。 なんか、写真が昭和レトロな・・・ 自分が何かしら行動を起こすと経験値が増える。 すると、自分に語れるものが増える。 すると、興味を持ってくださる方もいる。 なんでも行動あるのみ。 その果てに、本当に価値あるもの…

卒業式練習前にTEDを見せよう

本校では、卒業式の証書授与の際、 児童の将来の夢(やりたいこと)が担任からアナウンスされるそうです。 今年来たばかりで、イメージができていないのですが 「なんで担任が子どもの夢をアナウンスするの??」 という気持ちでいます。 卒業式準備委員会で…

現任校のコア・バリューを明確にしよう!

今週の月曜。5年3組の子どもに選択と決断を迫りました。 「来年度の運動会は、自分たちでつくる? それとも先生たちがつくる?」 困惑する子どもたち。さらに続けます。 「まあ、先生たちが運動会をつくったら、みなさんは与えられた役割をこなすだけになる…